アウフタクト(弱起:じゃっき)

  小節の始めからではなく、不完全な小節から始まる音楽の事、またその不完全小節の事。
  
  「弱起」と書くように、弱い拍から起こる(始まる)音楽、と思ってください。
  4拍子なら、1拍めを強く、「234 234」とカウントしますね。
  3拍子なら、1拍めを強く、「23 23」とカウントしますね。
  2拍め以降は小さくカウントする、小さな音で、弱い音で・・・弱い音から始まる音楽、という事です。

  普通、4拍子な4拍分、3拍子なら3拍分ある。
  それが、必要な拍分が足りていないと、とてもインパクトがあるように感じる。
  演奏する方も、ドキドキ&ハラハラ、演奏しずらいですね★

  アウフタクトの時は、次の(完全な)小節の1拍めをとても大事に演奏しましょう、というルール。
  カウントは、メトロノームのように正確に数えるのではなく、音楽の流れでカウントをすると、
  最終拍から1拍めにうつる所はいつも「ゆったりと、流れをもって」とお話してますよね♪
  4拍子なら、4→1、のところ
  3拍子なら、3→1、のところ。
  もっと複雑にいうと・・・8分休符まで混ざると・・・レッスンでその都度お教えしますね。
  

BACK!